カップルでアダルトDVDを楽しむ方法

皆さんは彼氏と一緒にAV鑑賞したりしますか?私はいつもアダルトDVDを一緒に見てるんです。

最初のきっかけは、なにげに彼氏にあだるとDVDとかってみてるの?って私が質問したことからはじまりました。 彼は、男だし性欲はつきものだからたまには見るよって言ってました。そこで彼は一緒に見る?って誘ってきたんです。私も普通に一緒に見ると返事をしましたが、いざ一緒に見てみると、その流れてエッチをしたこともあったけど、やっぱりアダルトDVDに出ている女優さんとかはみんな顔も綺麗だしスタイルもいいし、少し妬けた感じもあったのでそこまで気分はよくもなかったし嫉妬して拗ねたりしたこともあったんです。

でも彼は、特に女優さんには興味はないよって言っていて、この女優さんの顔も好みじゃないしスタイルとか胸の大きさとかも特に興味を持って見てないって言ってました。 私とこんなエッチをしたいなあとか、そういう事しか考えてなかったんですね。 俺もお前にこんなことしてみたいなとか。

それからは、楽しんで二人で一緒にアダルトDVDを見れるようになったし、むしろ以前よりもエッチが楽しいのも当然ですが彼自身のことも好きになりました。 一緒にアダルトDVDを借りに行くのは流石に抵抗があるので今はずっとネットのアダルト通販でDVDを買って見てます。 種類も豊富なので、一緒に選んで届いたら一緒に見て、今度こんなのやってみる?とか言いながら見るのも楽しいです。 結局は、カップルでのAV鑑賞を楽しむのって彼の態度や考え方次第なんだろうなって思いました。

▼彼女がいるのにアダルトDVDを見るのは何故か

男性はなぜ大切な彼女がいるのにもかかわらず、アダルトDVDを見てしまうのでしょうか。
僕は今30代後半ですが、今の彼女とは週に一回程度の頻度でエッチをしています。もちろん満足してます。でも、それでも週に一回は今でも一人で抜いています。みなさんはどうでしょうか?彼女との交際はもう3年程になりますが、付き合う前と今とで、特に一人で抜く頻度は変わっていません。 若い頃10代や20代の頃なんかは、もっと多かったです。2,3日の間何もしないでいると、もう性欲が溜まった感じになり我慢できなくなってしまいます。 彼女とのエッチに満足していても、アダルトDVDを借りてしまいますね。彼女には特に罪悪感というものはありません。男で生まれた以上は仕方のないことなんですから・・。

▼アダルトDVDを見ていることは今の彼女は知っています。

でも、嫌がるという事はありません。きっと、男とはそういった性欲がつきものという事を理解してくれているからだと思います。 別に浮気しているわけではないですし、好きなAV女優さんがいてそればっかりを見ている事もないので何と言いますか・・食欲や睡眠欲と同じだと僕は思っています。

今の彼女はそういった事を理解してくれる女性なので、すごく感謝しています。 以前付き合っていた彼女は全く理解に苦しみ、アダルトDVDを見ることにすごく嫌な気持ちを抱いていました。やはり、信頼関係があるとちゃんとわかってくれる人はいるんだと思います。

▼彼氏とアダルトDVDを楽しむ

彼氏の部屋に遊びに行ったある日、掃除をしていたらベッドの下から数枚のDVDが出てきました。タイトルと見ると・・おそらくアダルトDVDです。
何年も付き合っているので一人でアダルトDVDを見ているんだって想像すると少しショックだったのですが、浮気をされるよりは全然マシだなと感じた私は思い切って彼氏に「アダルトDVDあったんだけど見てるの?(笑)」と、少し半笑いな感じで聞いてみました。 すると彼氏は、全く動揺した様子もなく普通に「ああ、たまに見てるよ(笑)」と、これもまた半笑いな感じで返事をされたのです。
よくよく聞いてみると、二人はエッチに特に不満はないんですが何年も付き合っているためマンネリといいますか・・、いつも同じエッチだと私も不満じゃないかな?って心配をしてくれてたみたいで、そういうのもあってか性欲はたまってないのにたまに見ていたようです。 そういった彼の話を聞いて私はますます彼のことを好きになりました。
Hもいつも気持ちいいですし、楽しいですし、特に不満もなかったのですがそうやって気にしていてくれたのがとてもうれしかったんですね。

それからは、二人で一緒にアダルトDVDを見て楽しむようになったんです。 こういうプレイしてみる?とか会話しながら(笑)。

今まで私はアダルトDVDなんて見たことすらなかったので、いろんな意味で勉強にはなりますね。最初はこんなことなんて・・って卑猥に感じてたのが、よく考えてみると二人のためなんだし、エッチそのものが悪いことではないので。 なので、あの時に彼に聞いてみてよかったと思ってます。 これからもいろんなエッチを彼と楽しみたいです。


TOP